ニューハーフK子さん その6

男であることを捨ててニューハーフになり、ニューハーフ娼婦やニューハーフの愛人として囲われていらっしゃるニューハーフの方々の手記を紹介しております。

ニューハーフK子さん(36)

ニューハーフアナル娼婦のK子さん、ニューハーフ好きの間久津さんへのレス その3

ニューハーフアナル娼婦のK子さんが間久津さんにレスつけました。その続きです。

ニューハーフアナル娼婦のK子さん、ニューハーフ好きの間久津さんへのレス その3」

そして今年の5月にニューハーフアナル娼婦K子の睾丸の除去とペニスの巨大クリトリス化手術をされた訳ですけど、もうニューハーフアナル娼婦K子の身体が自分の身体じゃない感じで、それほどのショックはありませんでした。ただ、ニューハーフマゾの証の股間チェーンが他の純女のマゾ娘と同じように真っ直ぐ下に垂れるようになったのがうれしかったくらいです。でも、せっかく形も大きさも手ごろで気に入っていたニューハーフアナル娼婦K子のDカップの乳房を無理矢理Fカップに豊胸されてしまったのが悲しかったです。Fカップの豊胸乳房なんて大きなメロンが2個胸にくっついてる感じで、重くて邪魔だし、身体のバランスが完全に崩れてしまいグロテスクで好きではありません。ほんとうにニューハーフ変態的な身体にされてしまった感じです。

ニューハーフアナル娼婦K子が次にお休みがとれた時には、左の太腿のタトゥー(直径4cmくらいの薔薇の花)をヒップの方へ大きく描き足すことになりそうです。それからもしかすると、ニューハーフアナル娼婦K子の尿道口を今の巨大クリの先端から、純女と同じ位置に動かす手術をされるかもしれません。実は巨大クリ化する時にペニスをかなり屈折しているため、ニューハーフアナル娼婦K子の尿道が圧迫されておしっこの出がどうも悪いのです。でもニューハーフアナル娼婦K子の尿道口の移動はけっこう大きな手術になるので、まだどうなるかわかりません。